手術までの薬を処方してもらう(耳鼻科診察3回目)

副鼻腔炎の手術まであと18日、入院まで17日となりました。
だんだん現実的になってきたなぁ・・・

 
いまは、耳鼻科でもらっていた鼻づまりの薬がとても効いています。
鼻閉感もなく呼吸の通りもよい!ニオイも普段よりよく匂う感覚があります。

手術を行わず薬で対処する(保存療法)の場合、こんな感じで鼻炎の薬を飲み続けるのでしょう。

その処方薬も今日で切れてしまいます。

手術を行う病院で診察を受けた時、看護師さんに入院までの薬が必要か耳鼻科の先生に聞いておくように言われていました。そこで今日、、診察を受けに行ってきました。


花粉症2015(9:00) 朝一の予約をネットで入れてあります。5分前に行くも、すでに3人の患者さん待ち。

そういえば、インフルエンザは峠を越えたようですが、そろそろ花粉症の時期ですものね…。耳鼻科は今が一番忙しい時期でしょうか?

先生に手術の予定を話し、薬の件を問い合わせました。入院の前まで処方しておきます、とこのと。頑張って手術受けてきてください、だって(^^;;

18日分の処方箋をもらい、鼻の吸引をして5分で終了。

クリニックの4周年ということで、受付で記念品(入浴剤)をもらいました。
こういうのってウレシイですよね~


(9:15)近くの調剤薬局に行き薬をもらう。お薬り手帳はいつも忘れてしまいます…

 クラリスロマイシン錠、カルボシステイン錠、シングレア錠、エバスチン錠の4種。
 点鼻薬は1本まるまる残っているので不要でした。

【治療費の金額(3割負担)】
今回の治療費 540円
  処方薬代 2,840円 累計の治療費負担 34,955円


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ