耳鼻科の診察(2回目)CTスキャン検査の結果・・・

ちくのう症の詳細な画像が必要ということで、鼻(顔)のCTスキャン検査に行ってきました。

画像データが3営業日で出来上がるということで、本日2回目の耳鼻科診察に参りました。
 

【2015年1月22日(木)16:00】

CTの画像が耳鼻科へ届いていました。コンパクトディスク数枚で先生の手元へ。
一緒に画像を見ると右の鼻腔、本来は空気が通って空洞になるべき部分がほぼ真っ白に濁っています。膿(うみ)のような状態で鼻づまりの原因がコレだそうです。

右の鼻腔は比較的良い状況だが、それでも奥のほうに少しポリープのような症状があるそうです。

やはり、ちくのうの症状がかなり悪化しているので手術した方がよいとのこと。

「お仕事の都合など時間的にどうですか?」と聞かれました。
もうほとんど覚悟していましたし、また初めから検査などするのも面倒なので手術の方向で進めて下さい、と伝えました。


手術は近くの大きな病院で「東北公済病院」が鼻の治療では実績があるので紹介するということです。

手術の方法は、全身麻酔をして内視鏡を使った手術。オペ自体はさほど難しいものではないが、術後に鼻血などがあるので1週間ほど入院となるようです。

東北公済病院に紹介状を出すので、CTの結果を持って詳しい診察に行って下さい、とのこと。さっそく明日(1月23日)の予約を取ってもらうことにする。


耳の閉塞感も気になる・・・

とりあえずの治療の方は特になく、今のクスリで症状を抑えるような処置です。

耳に水がたまった感じ、滲出性(しんしゅつせい)中耳炎だそうですが、これが気になってしかたない・・・。子供の頃、プールで耳に水が入った感覚。右の耳を下にすると、パカっと弁が開いた感じで通るのですが、すぐまた塞がったようになります。

これだけ何とかならないかな、と聞いたのですが、これも抗生物質の薬で治まってくるとのこと。
前の耳鼻科では耳管カテーテルとかいう方法で、中耳を通気する処置したんですけどね。。

処方箋の薬も前回の診療(1回目)と全く同じ種類・量を処方される。
まだ1週間分あるのに、さらに2週間分出された・・・。


 

東北公済病院は予約不可っ!

診察後、受付のお姉さんが東北公済病院に予約の電話を入れてくれました。
・・・が、この病院は非常に大きな病院で、予約してもその通りにならないみたい。

そう言われたようで、予約なしで明日直接いってみることにします。


【治療費の金額(3割負担)】
今回の治療費 1,290円
今回の薬代  2,940円 累計の治療費負担 13,615円


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ