耳鼻咽喉科で鼻づまり診察(初診)やっぱり副鼻腔炎っ!

前日にネットで近所の耳鼻科を探し、よさそうな耳鼻科を発見。
そちらの医院のHPを見ますと、ちょっと普通の耳鼻科と違う印象。

コンセプトが最新の西洋医学に、ホメオパシーや漢方、ヨガ、レイキなどの補完・代替医療も含めた治療法ということです。
 

院長のドクターは東北大学病院臨床教授とのことで信頼できそうです。場所も仙台市内の中心地にあり便利です。

それと、事前に診療予約ができる点に惹かれました!
耳鼻科ってどこも患者がイッパイで待ち時間が長いですからね…。

こちらは10分刻みで予約がとれます。予約は電話かWebからですが、この日は休診日だったのでネットで予約することに。

初診の場合でもネット予約が可能です。はじめに氏名・連絡先など基本情報を入れ登録、仮番号で予約ができ便利です。

翌日の9:10からが空いていたので即予約しました。



【2015年1月15日(木)診察】

クリニックのビルは街中のため駐輪場がなく、少し離れた公共駐輪場に停め3分ほど歩く。
予約時間の10分前に到着。

医院の中は、とても耳鼻科とは思えないお洒落なインテリア。美容院のような感じです。

初診の問診票やアンケートなどを記載し、時間どおりに診察開始。
先生は非常に穏やかな印象でダンディーな方です。

鼻の中をちょっと診て、「詰まり方がひどいですね。ポリープもあるようです」とのこと。ちょっと診ただけでわかるんですね…。

予想はしていましたが、慢性副鼻腔炎が重症なレベルのようです。

時間の都合をつけて手術を検討していください、と言われました。
手術自体はそれほど難しいことはなく、全身麻酔をして内視鏡で行うそうです。切開することもなし、ということで少し安心。

だだ、1週間から10日の入院が必要とのこと。

私から、「日帰りの手術もあると聞いたのですが」と質問すると、症状が重度なので入院手術になりますと回答でした。(前の耳鼻科でも同じことを言われているので予想はしてました)

この際、手術の覚悟はしていたので、進めていただくようお願いしました。

まず、鼻周辺の詳細をみるのでCTを撮りましょうとこのと。
PETやCTの検診が専門の「仙台画像検診クリニック」に行って下さい、と紹介される。翌日の予約をとってもらいました。

その日の治療は特になく、鼻の吸引(ミストみたいのを吸い込むやつ)をして終了。
抗生物質などの薬を処方するので様子をみましょうとのことでした。

【治療費の金額(3割負担)】
今回の治療費 2,340円(初診料含む) 累計の治療費負担 2,340円


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ