手術前の精密検査・入院病棟、手続きなどの説明(2)午後

午前中に引き続き、入院病棟でのガイダンスや麻酔科の診察など。

(13:30)入院する病棟にて説明を受ける。
その病棟は耳鼻いんこう科と外科の患者が入院する病室のようです。

 

入院診療計画書」という時系列で入院の流れを書いたレジメで説明。
同時に、今の症状や病歴、入院の経験などを問診。

病室は5人の大部屋か希望により個室あり。

手術時間は未定、3日前に決まるので確認要。
携帯電話、スマートフォンは所定の場所で

病室でパソコン使っていいのか?

病室でパソコン懸念材料は、病室でパソコンを使えるかどうか?です。

原則は禁止ですが持ち込んでいる人もいるとのこと(内緒で?)。
大部屋でパソコンやると同室の方に迷惑になるので、自己負担が増えるけど個室かなぁ。。1日12,000円(-_-;)

1週間の入院は仕事上、かなりのロスですからね。自分の場合、ノートパソコン1台あれば結構作業ができるので個室希望としておく。

ネット環境は、無線LANなど使用できないらしい。Wifiルーターは持ってないのでレンタルしようと思います。

術後のカラダは個人差あるけど、翌日には普通に生活できる模様。
痛みなど、どの程度がわからないけど出来るだけパソコン使いたいですね。

【手術中の立ち会いについて】
手術当日は家内に立ち会いをしてもらいます。

手術当日は平日なので、次男坊が幼稚園でお迎えに行かなければなりません。オペの開始時間は直前でないと不明だそうで、早めに決ってほしい。(3日前頃にはわかるようだ)

立会は手術2時間前から、手術時間は2時間半から3時間程度のようです。どっちにしても延長保育かな。

(14:20)耳鼻科に戻ると、鼻の通りや匂いがするかどうかの検査があるとのこと。
研究所のような室内に通される。鼻の通りの検査は、センサーのような計器をそれぞれの鼻穴にあて、先生の支持にで息を吸ったり吐いたりします。

次にニオイ(匂い)の検査。
いろんなニオイの液体が入った小瓶に試験紙を浸し、それを嗅いで何の臭いか当てます。(これ、バラエティー番組でみたことあるな~と思う)

1つ目の匂い、モワッとしたクサイ感じ?匂いは感じてるけど何かわからない…。
2つ目はすぐわかりました!カレーの香辛料です。
3つ目、やや酸っぱい感じだが不明。いい感じの臭いか嫌な臭いかで言うと?と聞かれ「嫌な臭い」と答える。
4つ目、ちょっと甘い感じだが何のニオイが思い出せない(・_・;) 答えたあと「正解は何ですか?」と聞いたみた。
「モモの缶詰」だって!・・・ン、そうかっ?って思ってしまった。
5つ目、ムワァ~っとする蒸せる感じ。靴のムレた臭い(これはたぶん正解)

そんな感じで10個ほど繰り返す。クイズみたいで面白かった(笑)


 
さらにもう1つ、臭いの検査がありました。

栄養剤のようなニンニクやニラの強烈な臭いがする液を注射して、鼻内部のセンサー機能のようは働きを調べるらしい。注射して血液にのって鼻のあたりに廻ってくるらしい。

右腕に注射してすぐ、超強烈なニオイがっ!!
スゴイ、にんにく臭ですっ。。どれくらい臭いが継続するかも重要とのこと。徐々に薄れてはいくが喉にもムワッとする感覚が~。
2~3分ほど耐えて終了。しばらく餃子は食べたくないです(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ