入院の病室でネット接続する方法(Wi-Fiルーターレンタル)

入院が決まった時、パソコン作業ができるように個室を希望しました。

問題はネット環境ですが、病室では利用できる無線LANはありません。

そこでポケットwifiルーターをレンタルで借りることにしました。

wifiってどこがいいのか知らず、価格.comで調べて良さそうな業者を選びました。

ワイモバイル(イー・モバイル)
「イーモバイル PocketWiFi GL06P LTE」
・下り 75Mbps、最大通信 12時間、同時接続 10台、LTE/3G

10日ほどのレンタルでいいのですが、料金的に大差ないので30日プランを選択。
(10泊で4,950円、30日プランは6,750円)

実際に病室にて通信してみますと非常に快適♪

病室でwifi接続

仕事場の環境で利用している有線LANと遜色ないスピードです。これなら作業にも支障ありませんね(^〇^)

気になる通信制限

ワイファイで通信のとき注意すべきはパケット量による通信制限ですね。
この「イーモバイル PocketWiFi GL06P LTE」の場合は、下記の制限があります。

【通信規制に関して】
通信会社では大量のデータ通信を行った場合に通信規制を実施しております。 24時間ごとのご利用通信量が300万パケット(約366MB)以上行った場合当日21時から翌日2時まで速度制限されます。

※1歴月で10GBを超えた場合当月末まで通信速度が制御されます。

300万パケットってどれくらい?

24時間で300万パケットの利用って、どれくらいなの?って思いました。
1パケット=128バイト、通常のウェブサイトでいうと、だいたい1800ページくらいのようです。

Youtuなど動画を閲覧する場合、5分くらいで20万パケット程度。300万パケットだと動画で約75分くらいの換算になるようです。

いつもはYoutubeで音楽聞いたりしますが、wifiでは控えようと思います(・_・;)
21時~2時の制限なら入院中は関係なさそうですがね・・・

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ