私が副鼻腔炎の手術に至った経過

はじめまして。私、44歳男性です。自営業をしておりますm(_ _)m
子供の頃から鼻づまり(右側)がひどく自覚症状がありました。
初対面の方にも「鼻炎ですか?」とよく聞かれるほど、常時鼻が詰まっています。

左側の鼻はほぼ正常だと思います。右と左で比べると2:8程度しか左の鼻で呼吸ができ
ない感じです。「フンッ」って吹いても、ほとんど鼻息を吐き出せないくらい。

蓄膿症(副鼻腔炎)の男性

それでも、30代頃まではだましだましというか、特別な症状もなかったので不便はありませんでした。

しかし、3年ほど前の冬に風邪をひいた際、今までにない鼻閉感があり、耳鼻科へ通院しました。
レントゲンを撮り、右鼻の副鼻腔炎でポリープもあるとの診断、できれば手術が必要と言われました。

その時は、仕事の関係もあり薬で何とかしのいだのですが、年々症状はひどくなっていたのでしょう。
だんだん酷くなってる気もするし、そのうち手術しないとダメかなぁ~という意識はあったのです。


昨年(2014年)の大晦日から風邪ぎみ、熱も38度ほど出る。大みそかの夕方~1月2日はほぼ寝て過ごしました。熱が引くと今度は鼻づまりが酷くなり、耳の中耳炎のように水が溜まった感覚になった。今回はちょっと辛いなぁと思い、前回とは別の耳鼻科へ行ってました。

先生の簡単な診察(鼻をのぞいただけ)でも、ズバリ「慢性副鼻腔炎ですね。ちょっと重度です」との診断。手術による治療を勧められたので、意を決して手術を決断した・・・という経緯です。


蓄膿症の症状発症から手術までの経過など

《自覚症状》・・・蓄膿症が原因かな?と思われる症状

  • 慢性的な鼻づまり(右側)
  • いびき(けっこうヒドイ)
  • 昼間の眠気・倦怠感
  • 鼻呼吸がしずらく、口呼吸になっている
  • 滲出性(しんしゅつせい)中耳炎(風邪をひくと耳の水がたまる感じ)
  • 右耳の軽度難聴(健康診断で引っかからないレベル)

(※それぞれの症状とも、副鼻腔炎との医学的な関係は不明です)


耳鼻科の診療から手術までの体験日記

1)発症の原因?年末から正月に風邪をひく
今回、鼻づまりがヒドイ状況になったのは、年末(おおみそか)から正月に風邪をひいたのが
キッカケでした…。

2)耳鼻咽喉科で鼻づまり診察(初診)やっぱり副鼻腔炎っ!
鼻づまりの症状で、耳鼻咽喉科を受診。診断の結果は・・・

3)CTの画像を撮りに専門のクリニックへ
鼻腔内の詳しい検査をするため、CTスキャンの画像が必要とのこと。
市内の画像診断の専門クリニックを紹介してもらい行ってきた。

4)耳鼻科にて2度目の診察
CT画像の出来あがりに併せて2度目の耳鼻科診察。
診断の結果、症状が重いので手術が確定。

5)手術を行う病院へ、紹介状を持ち診察へ行く
慢性副鼻腔炎(ちくのう)手術は東北公済病院で施術となります。
紹介状を書くので診察に行くように言われる。

6)手術前の精密検査・入院の説明など
入院1ヶ月以内に、各種の精密検査が必要だそうです。
入院病棟からの説明と麻酔科の医師による診察もあり。

7)入院1日目|入院当日・院内の説明と手術前日の診察
いよいよ入院!入院1日目・手術前日の様子など。入院は実質初めてなので、何もかもはじめての体験です。部屋は個室で驚きのクオリティ!食事も美味しかったです。

8)入院2日目|副鼻腔炎手術当日・全身麻酔で約3時間半!
手術当日の様子です。朝一番のオペなので、起きて間もなく準備に入ります。手術着に着替え、自力で手術台へ。麻酔の点滴がはじまると、1分ほどでまったく意識がなくなりました。

9)入院3日目(手術後1日目)翌日、鼻の痛みも落ち着いてきた
無事手術は終わりましたが、まだ鼻の出血と痛みがあります。それでも、自分で立ち上がり、歩行も可能。午後にはほぼ支障ないくらいに回復。

10)入院4日目(術後2日)いよいよ恐怖のガーゼ抜き!
手術後2日たち、両鼻の奥に詰めてある止血用のガーゼを抜く措置があります。ちくのう手術の経験者も、このガーゼ抜きが痛い!と言っていたのでビビっています・・・(+_+)

11)【閲覧注意】手術後の出血がこんなにあった!脱脂綿で止血
ちくのう手術後はかなり出血があります!私の場合も鼻に詰めた綿球に、こんなに血が付いたぁ。キタナイので見たくない方はスルーしてっ!

12)入院5日目(術後3日目)手術後の試練!キツイ治療
手術後の試練「ガーゼ抜き」が終わって安心していたら、もっとキツイ治療が待っていた~。痛苦しい感じ?!

13)入院6日目(手術後4日)退院後の治療や注意事項の説明
出血や痛みもだいぶ落ち着いてきました。そろそろ退院後の過ごし方などの説明がはじまりました。

14)入院7日目(手術後5日)出血・痛みも感じないほどになる
痛さも紛れてくると、入院生活にもちょっと飽きてきました(-_-;) ほかの患者さんとも触れ合いがないのは個室のデメリットかな?

15)入院9日目(手術後7日)|ちくのう手術より無事退院しました!
ついに退院となりました。鼻は多少の傷みと違和感がありますが私生活に支障はありません!

16)退院後の治療|元の耳鼻科へ手術後の診察に行く
退院して1週間以内に、元の耳鼻科で診察を受けるよう言われていました。服用の薬も終わるのでもらいにいく。

17)蓄膿の手術後2週間の診察|東北公済病院の耳鼻いんこう科
2週間後の診察へ。鼻腔のチェックや清掃などを治療をしてもらった。

18)耳鼻科診察(手術後経過1ヶ月)治療+処方薬
手術して約1ヶ月経過しました。経過観察と薬をもらうため耳鼻科を受診。

19)手術後1ヶ月半での最後の診察(東北公済病院耳鼻いんこう科)
入院と手術をした病院で、おそらく最後の診察です(経過観察)。鼻の状況は良好なようです。

20)耳鼻科にて経過観察(手術のあと2ヶ月経過)
薬がなくなったので診療。1種類に減った薬をあと1ヶ月続けます(それで完治かな?)



お金・料金(治療費・手術・入院費)について

1)高額療養費制度で限度額以上の自己負担なし?医療費の支払い
手術&入院に際して気になるお金の負担について。高額な治療費には助成制度があるそうです

2)副鼻腔炎手術と入院でいくらかかった?健康保険の高額療養費
退院日に会計しました。ホントに高額療養費の限度額しかかからないのでしょうか・・・

3)明治安田生命保険で入院給付金を請求する手続き(蓄膿症の手術)
生命保険に入っていてよかった!入院給付金・・治療給付金が下りるそうです。保険金請求の手続きや書類について



入院生活と病院について

1)東北公済病院・入院病棟の個室について(設備など)
今回お世話になったのが仙台市の東北公済病院です。個室を希望したらとても立派な部屋でビックリ(・o・) お陰で快適な入院生活を過ごせました

2)入院の病室でネット接続する方法(Wi-Fiルーターレンタル)
入院病室には無線LANなど利用できず、wi-fiルーターをレンタルで借りました。サイトの閲覧など問題なし!

3)入院期間9日はちょっと長いかな?ちくのう症の手術
入院生活は手術前日~当日~手術後7日と延べ9日間にわたりました。安全のために必要な期間ですが長かった~






サブコンテンツ

このページの先頭へ